働きやすい職場への取り組み

〜ワークライフバランスのさらなる充実に向けて〜
正規職員も非正規職員も、男性も女性も、すべての職員が健康で長く働き続けることができる環境づくりに取り組んでいます。
人材育成計画に基づいた研修と資格取得支援プログラムにより、職員一人ひとりがモチベーションを高められ、働きがいを感じられる職場を目指しています。
全ての職員が健康経営を意識して働くことで、活力の向上と組織の活性化が図られます。仕事の効率を上げることは、ワークライフバランスの一層の充実につながります。

 【実施済】
 1.週休3日!年間休日174日! (一部の職員は本人希望で週休2日)
 2.子供連れで出勤OK!(学校や保育園が突然休校休園になった場合)
 3.年次有給休暇取得率は全ての職員が70%以上!
 4.年次有給休暇を使って1か月休暇を奨励中!実績多数あり!
 5.子の看護休暇のうち1日は有給休暇!
 6.残業ほとんどなし! (昨年度月平均残業時間2時間未満)
 7.くるみん取得済み 育休取得実績多数!
 8.健康経営優良法人認定
 9.副業OK!生活の充実や挑戦したい仕事にチャレンジ可能!

 【計画進行中】
 〇イクメンの育成
 女性の育児休業は取得しやすい環境が醸成されました。次は「イクメン」を育て!「育てる男が、家族を変える。社 会が動く。」国のイクメンプロジェクトに賛同し、多くのイクメンを輩出する計画です。
 その第一歩としてイクボスの育成をします。イクボスとは、部下が育児と仕事を両立できるように配慮したり、育休 取得や短時間勤務などを行っても業務を滞りなく進めるために業務効率を上げたりします。そして自らも仕事と生 活を充実させている管理職のことです。すてきなイクボスになってもらうための勉強会を開いたり、情報提供したり しています。

 〇いきいき宣言
 いつまでも健康で、いきいきと働き、いきいきと生活していくために職員から「いきいき宣言」をしてもらっています。 自らが目標を立て、実行することにより心身の充実を図ります。今年で2年目になりますが、「常に目標を意識する ことで、とても良い効果がありました。」と好評だったので継続することにしました。

社会福祉法人 青谷学園 〒610-0113 京都府城陽市中芦原14番地
tel. 0774-55-6800 fax. 0774-55-8804 お問い合わせは honbu@aodani.or.jp
copyright(c) 2008 aodani-gakuen. All Rights Reserved.